市街化調整区域とは?住宅建設や売却に関するデメリットとは?の画像

市街化調整区域とは?住宅建設や売却に関するデメリットとは?

業界のあれやこれ(売買編)

市街化調整区域とは?住宅建設や売却に関するデメリットとは?

市街化調整区域とは? 住宅建設や売却時のデメリットとは?


素敵だなと思っていた土地が、実は「市街化調整区域」だった…。そんな事態に遭遇すると、家の建設が難しくなったり、デメリットがあると感じる人が多いですよね。後から後悔しないために、「市街化調整区域」について分かりやすく解説していきます。

目次

1. 価格が安い!? 市街化調整区域の特徴とは?

物件を探す際によく見かける「市街化区域」と「市街化調整区域」。両者の違いは、市街化区域が街を活性化させるための地域であるのに対し、市街化調整区域は市街地の拡大を抑制する地域です。そのため、市街化調整区域では住宅建設に関する多くの制限があります。

制限があるため、市場価値が下がり、価格が割安になることがあります。しかし、価格が下がると住宅ローンの融資が難しくなる場合もありますので、注意が必要です。

市街化調整区域のイメージ

(市街化調整区域のイメージ)

2. 買っても建て替えや増築できないってホント?

市街化調整区域では、建物の建築が制限されます。新築や増改築を行う場合は、自治体の許可が必要です。また、一部の地域では開発が認められる場合もありますが、事前に確認が必要です。

市街化区域のイメージ

(市街化区域のイメージ)

3. 将来、売却するときに不利ってホント?

市街化調整区域の不動産売買は複雑で、通常の土地よりも売買が難しいことがあります。ただし、開発許可が緩和されている場合は比較的売りやすいです。また、事業用途での購入も検討されます。売却や購入を考える際は、自治体や専門家に相談することが大切です。

市街化調整区域の土地にはさまざまな制限があります。建設が成功しても、住む上での不便さが出る可能性もあるため、ライフスタイルに合った選択をすることが重要です。


どんな建築ができるのかは事前に十分な調査が必要になります。

気になる事があれば些細なことでもお気軽にご相談ください。

株式会社Emon
ご相談フォーム http://www.kkemon.com/contact/

”業界のあれやこれ(売買編)”おすすめ記事

  • アクロのハコ売り住宅は間取り自由。デザイン自由。~建売に自由を~の画像

    アクロのハコ売り住宅は間取り自由。デザイン自由。~建売に自由を~

  • 地鎮祭にお寺の住職さんがやってきた。(神式と仏式があるみたいです)の画像

    地鎮祭にお寺の住職さんがやってきた。(神式と仏式があるみたいです)

  • 不動産購入までの流れ ~初心者でもわかる売買~の画像

    不動産購入までの流れ ~初心者でもわかる売買~

もっと見る